血液系の病気編

免疫介在性溶血性貧血
  <症状> 2†8歳の犬に多く、雌では雄の3†4倍の発生率となっています。 初...
糖尿病性ケトアシドーシス
  <症状> 下痢や嘔吐などの症状があらわれるほか昏睡状態におちいる事もある、危...
ハインツ小体性溶血性貧血
「玉ネギは刺激が強いので与えない方がよい」ということは、いうまでもないが、どうし...
カルシウム代謝の異常
  <症状> 犬が神経質になったり、運動失調・ぐったりするなど。また、水をよく飲...
低血糖症
  <症状> 虚弱化し不安症状を示します。 低血糖症と呼ばれるこの疾患は、糖尿病...
バベシア症
赤血球に寄生したバベシア原虫が赤血球を破壊することにより起こる、重度名な貧血を主...