眼の病気編

瞳孔膜遺残
<症状> 羞明、眼瞼痙攣、涙、視力障害です。 全身疾患によるものは両眼性で、アレ...
前部ブドウ膜炎
<症状> 特に急性で激しい痛みを伴うことがあります。 結膜と虹彩の両方の血管が充...
ブドウ膜炎
<症状と原因> 前ブドウ膜炎では、特に急性で激しい痛みを伴うことがあります。 結...
緑内障
急性症と慢性症がありますが、治癒対象は急性症となります。 <症状> 眼内圧の上昇...
前房の異常
<症状> 前房蓄膿   前房内に膿汁がたまる病気です。 前房出血   前房内に血...
前房出血
<症状> 角膜と虹彩の間の前眼房で出血が起こり、眼球が真っ赤になります。 前眼房...
ホーナー症候群
<症状> 目に異常があらわれ、瞳孔が小さくなったり、通常は隠れている瞬膜が外に露...
結膜の疾患
<症状> 先天的には類皮症、結膜進展が、後天的には結膜炎があります。 <原因> ...
結膜炎
<症状> 眼瞼と眼球をつなぐ結膜は、角膜と共に外界と直接ふれるため、さまざまな原...
チェリーアイ
<症状> 瞬膜腺が赤く米粒大からあずき大に腫れあがり、瞬膜の端から飛び出します。...
白内障
白内障は俗に「白そこひ」ともいわれ、水晶体(レンズ)が白くにごってしまう病気で、...
水晶体の疾患
水晶体の疾患として以下に記するものがあります。 白 内 障 水晶体脱臼 発 育 ...
眼瞼外反症
<症状> 瞼が外側にめくれた状態になり、結膜や角膜が露出して、結膜炎や角膜炎を起...
眼瞼内反症
<症状> まぶたが内側に巻き込んでるためまつ毛が目にあたり逆さまつげ状態になり、...
眼瞼疾患
眼瞼疾患のいくつかを説明します。 眼瞼癒着 犬の目は生後10†14日で開くのです...
角膜の異常
角膜疾患は失明する可能性が高いので、より早期の治療が必要です。 <症状> 急性期...
乾性角膜炎
<症状> 一般に流涙、羞明(まぶしがり)眼瞼痙攣などが認められることが多いです。...
角膜裂傷
<症状> 角膜の表面に傷がついた状態をいいます。 裂傷が浅い場合には、角膜炎とよ...
角膜炎
<症状> 角膜炎は黒目を覆っている膜である角膜に炎症が起こる事をいいます。 激し...
眼球の脱出
<症状> 眼球がまぶたの外へとびだした状態をいいます。 眼に慢性的な接触があると...
流涙症
<症状> 犬の流涙症・涙やけにかかると、やたらと涙が出るので目頭が汚れ、目の周り...
網膜剥離
<症状> 網膜剥離は、網膜が眼底から剥がれる病気です。 網膜に起こる犬の病気は他...