腫瘍(ガン)性の病気編

耳の腫瘍
<症状> 耳の中にイボ状の腫瘍がたくさんできます。その大きさや数はさまざまです。...
犬の腫瘍(ガン)
獣医療の進歩と飼い主による適切な飼育により、高齢化に伴う腫瘍の問題がクローズアッ...
肛門周囲腺炎(腫)
  <症状> どちらの腫瘍も雄の高齢犬によくみられる良性の腫瘍です。 腫瘍がすで...
腹部の腫瘍
  <症状> 腫瘍のある場所によって多少異なりますが、元気がなくなる、やせてくる...
膀胱移行上皮癌
<症状> 悪性血尿 慢性膀胱炎 尿中癌細胞 犬では膀胱三角に最も発生しやすい。 ...
口腔の腫瘍
  <症状と原因> 口の中にしこりができるのが特徴です。 口臭やよだれが多く、口...
皮脂腺腫
<症状と原因> 皮脂腺(ひしせん)は、皮膚の毛根部分にあって、体表の脂を出すとこ...
血管腫
<症状> 血管腫とは、細い血管が無数に絡み合ってできた腫瘍状の塊で、ちょうどスポ...
毛包腫瘍
犬の皮膚腫瘍の約5%を占め、5歳以上に多い。組織像から毛包上皮腫、毛母腫に分けら...
骨肉腫
  <症状> 骨腫(骨にできる腫瘍)のひとつで、完治の難しい悪性腫瘍(ガン)のこ...
黒色腫(メラノーマ)
  <症状> 皮膚の黒色腫は、犬の皮膚腫瘍の中では比較的少なく、黒い犬、老犬に多...
皮膚組織球腫
  <症状> 耳翼が最も好発する部位だが、四肢、首、頭などにも出現する。 通常、...
可移植性性器肉腫
  <症状> 症状としては、外陰部や陰茎に潰瘍性でカリフラワー様の腫瘤が形成され...
肥満細胞腫
  <症状> 80%以上に胃や十二指腸の潰瘍が発見されるのが特徴です。 診断は比...
前立腺膿瘍
  <症状> 尿とは無関係に尿道から分泌物、膿などがでることがあります。 腫れた...
乳腺腫瘍
  <症状> 腫瘍の腫大化や複数の乳房への転移によって気づくのが通例で、初期には...
肛門周囲腺腫
  <症状> 肛門周囲腺腫とは肛門の周りにある分泌腺に腫瘍ができることです。 睾...
脂肪腫
  <症状> 症状は、触ってみれば脂肪の塊が確認できるが、良性の脂肪腫であるのか...
皮膚乳頭腫
  <症状> 皮膚や粘膜を作る扁平上皮の良性増殖したもので、通常はカリフラワー状...
血管外膜細胞腫
  <症状> 米国の調査(1966†70)では、脂肪腫に次いで多くみられ、腫瘍性...
リンパ腫
<症状> リンパ腫とは生体内のリンパ組織が癌になってしまう状態を言います。骨髄中...
腺繊肉腫
発生する細胞の種類により、扁平上皮癌、基底細胞癌、線癌(皮脂線、汗腺、耳道線の癌...
悪性黒色腫
発生する細胞の種類により、扁平上皮癌、基底細胞癌、線癌(皮脂線、汗腺、耳道線の癌...
肥満細胞腫
発生する細胞の種類により、扁平上皮癌、基底細胞癌、線癌(皮脂線、汗腺、耳道線の癌...
線癌
発生する細胞の種類により、扁平上皮癌、基底細胞癌、線癌(皮脂線、汗腺、耳道線の癌...
基底細胞癌
発生する細胞の種類により、扁平上皮癌、基底細胞癌、線癌(皮脂線、汗腺、耳道線の癌...
扁平上皮癌
発生する細胞の種類により、扁平上皮癌、基底細胞癌、線癌(皮脂線、汗腺、耳道線の癌...
皮膚癌
発生する細胞の種類により、扁平上皮癌、基底細胞癌、線癌(皮脂線、汗腺、耳道線の癌...
皮内角化上皮腫
  <症状> 良性の表皮由来腫瘍で,若い雄犬に多いです。 通常は単発性であるが,...
骨腫瘍
  <症状> 足をひきずるなど、歩行に異常が現れたり、足の腫れがみられます。 外...
精巣腫瘍
  <症状> 精巣が腫れる為、腹腔内で大きくなることにより、食欲の減退・腹囲膨満...