前立腺膿瘍

      <症状>

  • 尿とは無関係に尿道から分泌物、膿などがでることがあります。

  • 腫れた前立腺による妨害で排尿や排便が困難になることもあります。

  • 腹部を押すと痛がり、発熱、食欲不振などもみられる。

  • 雄の尿道の上部に前立腺という器官があり、肥大したり、細菌感染が起こることもあります。

  • 膿がたまって膿瘍(のうよう)となるものも多いようです。


  • <治療の方法>

  • 腫瘍の唯一の治療法は外科的切除で、悪性度を確認するために、術後の組織標本を詳しく調べます。




犬の健康・病気の種類一覧