骨肉腫

      <症状>

  • 骨腫(骨にできる腫瘍)のひとつで、完治の難しい悪性腫瘍(ガン)のことです。

  • 7、8歳ぐらいの大型犬が特になりやすく、発症した場合、肺に転移して悪性腫瘍が増え、急速に悪化していきます。

  • 跛行(足を引きずる)がみられ、患部を触ると激しく痛がります。


  • <原因>

  • はっきりと分かっていないが、過去に骨折したことがある犬や、体重が重い大型犬がよく発症するため、骨に対する負担が原因ではないかといわれている。

  • 骨を支える筋肉を適度な運動で発達させることや肥満にならない為の栄養管理が大切。


  • <治療の方法>

  • もっともよく行われる治療法は、再発と転移を防ぐ為に腫瘍ができた骨の上位にある関節部からの外科的手術による切断です。

  • 治療法としては、再発と転移を防ぐ為に患部の切断や骨を移植する外科手術や抗がん剤の投与などが行われる。




犬の健康・病気の種類一覧