毛包腫瘍

  • 犬の皮膚腫瘍の約5%を占め、5歳以上に多い。組織像から毛包上皮腫、毛母腫に分けられるが、どちらもほぼ良性で治療法も同じである。


  • <症状>

  • 毛包上皮腫は背部に多くみられ、境界明瞭な皮内のマスで直径は1-20cmである。

  • 皮膚は脱毛または潰瘍化している。

  • 毛母腫は境界明瞭な硬いマスで可動性があり、やはり皮膚は脱毛または潰瘍化している。


  • <治療の方法>

  • 両方とも悪性化はまれで、外科的手術によって切除すれば治癒します。




犬の健康・病気の種類一覧