気管の病気

  •  特に小型犬、たとえばポメラニアン、ヨークシャー・テリア、シー・ズー、トイ・プードルなどの高齢犬によく起こります。


  •   <気管の病気の症状と原因>

  • 気管の一部が狭くなって起こる気管虚脱の状態が、原因としてはもっとも多いものです。

  • その他、腫瘍ができて気管の一部が詰まり、呼吸困難を起こすこともあります。

  • 若い小型犬では、気管未形成と言って、生まれつき気管が小さく、そのため呼吸困難になることもあります。

  • 食道に何か異物が詰まり、気管が圧迫されて、塞がってしまうために呼吸困難を起こすことがあり、これは全年齢において起こります。


  • 一般に、気管は触診ができます。

  • 小型犬には、気管が押しつぶされたように変形する気管虚脱がよく見られ、これが呼吸困難の主な原因になります。


  • <治療の方法>

  • 気管に炎症等がある場合は、喉に刺激を与えると咳がひどくなります。

  • 首輪の刺激によって、咳の出方がひどい場合は、首輪をやめて胴輪(ハーネス)にするとよいでしょう。

  • 注意)胴輪は中型犬、大型犬では危険ですので、十分にその使用を考える必要があります。胴輪は首輪に比べて、犬を制御するのが難しいからです。



犬の健康・病気の種類一覧