腹部の腫瘍

      <症状>

  • 腫瘍のある場所によって多少異なりますが、元気がなくなる、やせてくる、吐く、下痢をする、便や尿が出にくくなったり血が混じったりするなどが主な症状です。

  • 消化器や泌尿器などの、体の中の臓器にできる腫瘍です。

  • 症状が現れにくいため、発見が難しく、気づいた時には手遅れになっていることもあります。

  • 平滑筋腫を除くと、悪性であることが多いため、早めにみつけることが大切です。


  • <治療の方法>

  • 外科的治療によりガンを切除し、その後は抗ガン剤を与えるなどの化学療法をおこないます。

  • 膀胱ガン、直腸ガン、子宮ガンなどは、血尿、血便、膣からのおりものがあるため、飼い主が気づきやすく、早期の手術によって治る例もあります。




犬の健康・病気の種類一覧