気管支の病気

      <気管支の病気の症状と原因>

  • 気管より奥にあるので、その病気は触診等では分かりにくく、レントゲン検査や気管支鏡などの検査によって診断します。気管支鏡は胃カメラのようなごく小型のカメラで、これを気管のなかに入れ、直接に気管を調べるます。

  • 最近では、気管支洗浄という方法が取り入れられるようになりました。動物に麻酔をかけ、気管のなかに無菌の液体を入れ、それを回収して、異常な成分を調べる方法です。

  • 主な病気としては、気管支拡張症などがあります。(これは高齢犬に多く、咳、呼吸困難の原因になります。)

  • 気管支に異物が詰まっていると、やはり呼吸困難が起こります。


  • <治療の方法>

  • 治療は咳の原因によって決定します。

  • 重度の咳では、去痍剤と鎮咳剤を短期間内服します。




犬の健康・病気の種類一覧