肺気腫

      <症状>

  • 急性と慢性によって多少、症状の出方が違います。

  • 急性の場合は口や鼻から泡やよだれを垂らして、呼吸困難に陥ります。慢性の場合では少しの運動にも関わらず呼吸をするのが苦しい仕草を見せたりします。


  • <原因>

  • 肺の中の肺胞が異常に広がり、空気を必要以上に含んで緊張し、ついには破壊してしまうために発症する病気です。


  • <治療の方法>

  • 気管支炎など原因が判っている場合は、その原因となっている病気を治療すれば自然に治っていく場合もあります。

  • 病状が悪化している場合は病状の進行を抑えるための保存療法を行います。




犬の健康・病気の種類一覧