レッグ・カルベ・ペルテス病

      <症状>

  • 大腿骨が成長する時期に、関節周囲の構造に炎症が起こり、血液供給の悪くなった大腿骨頭は、骨が縮んで変形して、股関節をつくる骨盤の骨と形が合わなくなる。

  • 悪い方の後肢を上げていることが多く、そのため歩様は3本足で、ぎくしゃくしたものになる。症状が進むと筋肉の萎縮も起こってくる。


  • <原因>

  • 大腿骨の頭への血液供給が悪くなり、壊死してしまうことが原因で、小型犬の1歳未満の若いものによく起こる。


  • <治療の方法>

  • 大腿骨頭の変形が少なく、症状が軽ければ保存療法をとる場合もあります。

  • この場合は徹底した安静管理を4~6ヶ月行い、こうした管理をしていればほとんどは回復します。

  • 外科的治療では、壊死した大腿骨頭を除去して、新たに関節を形成する手術を行います。




犬の健康・病気の種類一覧