椎間板ヘルニア

      <症状>

  • 骨・関節にかかわる病気では、ビーグル、シーズー、ダックスフントなどの犬種に多いのが「椎間板ヘルニア」。

  • これは、背骨(脊椎)を形成するたくさんの「椎骨」をつなぐ「椎間板」が老化して固くなり、外に突き出たり、椎間板内の「髄核」が外に噴出したりする病気。


  • <原因>

  • この椎間板ヘルニアになると、背骨の上を走る神経細胞(脊髄)を圧迫して神経マヒをおこさせ、その部位によって、前足がマヒしたり、後ろ足がマヒする。

  • 神経マヒがひどくならない前に発見して治療すれば治ることが多いが、手遅れになり、神経細胞が壊死してしまうと、生涯、神経マヒに悩まされる。


  • <治療の方法>

  • 病状によって治療方法が異なってきますが、症状が軽い場合は副腎皮質ホルモンなどの内科的治療によって治療をおこないます。

  • 重い症状の場合は外科的手術によって骨の一部を除去する場合がありますが、必ずしも予後が良好とは言えないので詳細な診断が必要です。




犬の健康・病気の種類一覧