股異形成(股関節形成異常)

  •  シェパード、ゴールデン・レトリバー、ラブラドール・レトリバー、秋田犬などの大型犬・超大型犬で発生が多い。


  •   <症状>

  • 症状は体重が増加し、活動性が高まる生後4ヶ月~1歳齢から明らかになる。

  • 小型犬の場合、股関節の形成不全がおこっても、体重が軽いため骨格への影響が少なく、症状が出るまでには至らないことが多い。

  • 軽症の場合から歩行不可能なものまで、症状は多岐にわたるが、一般的には痛みのために、犬座姿勢(普通のお座り)をせず横座りになり、あまり動きたがらず、関節運動が不安定なために、歩行時に体の後部が揺れる、等がみられる。


  • <原因>

  • 原因としては遺伝的要因が大きいが、成長期の栄養のアンバランスが、骨および筋肉の正常な発育を妨げる事も遺伝的要因を助長している。


  • <治療の方法>

  • この病気も病状の進行状況に合わせた治療が一般的です。

  • 症状が軽い場合は生活習慣を変えてあげたり、安静にさせてあげたりするだけで病状が良くなる場合があります。

  • ある程度の進行が見られる場合は内科的治療を行います。最終的に病状の回復が見られない場合は外科的治療によって処置を行います。




犬の健康・病気の種類一覧