甲状腺機能低下症

  •  犬のホルモンの病気では最もよく見られるもので、特にゴールデン・レトリバー、ブルドッグなどがよくかかる。


  •   <症状>

  • 元気がなくなり、食欲はおちるのに体重が増える傾向があります。

  • 基礎代謝量が低下するため、皮膚が乾いて脱毛し、寒さに弱くなり、心臓のはたらきも悪くなる。


  • <原因>

  • 甲状腺の腫瘍、萎縮、破壊などが原因と考えられる。


  • <治療の方法>

  • 診断は甲状腺ホルモンの測定だけでは難しいため、追加の検査も行われることが多い、すなわち真の甲状腺機能低下症で甲状腺ホルモンが低いのか、他の病気によりホルモンが低値を示しているのか鑑別が必要である。


  • 甲状腺機能が正常であっても、老齢、飢餓、手術や麻酔処置後、糖尿病、クッシング症候群、アジソン病、腎疾患、肝疾患、ジステンパー、各種皮膚炎、全身性感染症、脊椎板疾患、免疫介在性溶血性貧血、心不全、リンパ腫などで甲状腺ホルモンは低下する。


  • このようなものに甲状腺ホルモンの補給を行っても、病気の治療とはならない。

  • 追加検査で甲状腺機能低下症がほぼ間違いのないことがわかったならば甲状腺ホルモン製剤を投与して、治療への反応をみる。改善がみられているならば、次に用量の調節を行って、ホルモン補給療法を続ける。




犬の健康・病気の種類一覧