クッシング症候群

      <症状>

  • 副腎は、腎臓の上に存在して体が正しく機能するように、さまざまな調整をするホルモンを分泌している器官。

  • 副腎から、持続的にステロイドホルモンが過剰に分泌される症状をクッシング症候群と呼ぶ。

  • ステロイドホルモンは、全身での代謝(糖や脂質、タンパク質、ミネラルなどの物質が使われること)を調節している。


  • <原因>

  • 下垂体や副腎の腫瘍によるものがほとんどを占める。顔が満月のように丸くなり、また赤くなり、胴体が太り、首のつけねのあたりに脂肪がたまり、水牛のように出っぱり、血圧が高くなります。

  • 代謝がおかしくなるため、肥満をはじめとしたさまざまな異常がでる。


  • <治療の方法>

  • 医原性のものは、徐々に副腎皮質ホルモンを休薬するようにする。

  • 自然発生とわかったら、こんどは様々な検査で下垂体に異常があるのか、副腎が腫瘍化しているのかを決定する。

  • それぞれに合った薬物療法、あるいは手術を行うことがある。




犬の健康・病気の種類一覧