犬の糖尿病

      <症状>

  • 主な病状としては、多飲多尿、食欲は旺盛なのに体が、やせてくるなど見られる。

  • 病気が進行すると、目に白内障がでることもある。

  • はっきり糖尿病の症状が出ているときは、インスリン注射をあわせて行う。


  • 予防としては、脂質や炭水化物にかたよらない、バランスのとれた食事と適度な運動で肥満にならないようにすること。

  • メスは、避妊手術をすると病気にかかりにくくなる。


  • <原因>

  • 人間と同じように、インスリンの不足が原因でおこるが、肥満や妊娠が原因でおこることもある。


  • <治療の方法>

  • 病気が軽いときは食餌療法と定期的な運動で肥満を解消させることが有効。

  • 初期段階では食事療法や運動療法、また黄体ホルモンが原因の場合は、不妊手術などが有効です。

  • インスリン注射を行うこともありますが、症状が改善されれば減量や中止も可能です。注意)「インスリン依存性」に進行した場合は、生涯のインスリン注射が必要とされます。




犬の健康・病気の種類一覧