てんかん発作

      <症状>

  • 突然体が突っ張り、口が小刻みにガクガクしてよだれや泡を出し、便や尿を漏らしてしまう場合もある。

  • 治まるまでの時間は、短ければ30秒から1分程度、長ければ30分から1時間かかることも。

  • 発作が治まってしまうと、何にもなかったように元に戻るのが特徴。


  • <対処>

  • 強いてんかん発作では、重度の筋収縮による呼吸困難のため低酸素症になるので、気道の確保の必要があります。
  • 発作の最中は、慌てて体をさすったりしてしまうと、逆に神経を興奮させて発作を長引かせてしまう事もあるので、体に手を添えてあげる程度で、手足をバタバタしていても、無理に押さえたりしないこと。

  • てんかんは、お薬の必要がない場合もあれば、生涯お薬を必要とする場合もある。


  • <治療の方法>

  • 脳の疾患か、脳以外の疾患か、あるいは行動学的問題か、様々な検査で原因の確認を行う必要がある。(一般血液検査、生化学検査、脳脊髄液、脳蓋の神経X線検査など)

  • 可能な限り原因に対する治療を行う。

  • 原因が不明なてんかんでは、抗てんかん薬で長期の治療を行う。




犬の健康・病気の種類一覧