副鼻腔炎

      <症状>

  • 症状が軽いときははっきりとした症状はありませんが、進行して慢性化すると粘りのある鼻汁が出てきたり、くしゃみや呼吸困難のため口をあけて呼吸をしたりします。


  • <原因>

  • 鼻炎を放っておく事により奥の方まで炎症が広がり副鼻腔炎になります。


  • <治療の方法>

  • 内科的治療によって改善を図ります。しかし、鼻腔に直接的な治療としてネブライザー(吸入器)などを併用する場合もあります。

  • 膿や炎症によって患部に溜まったものを直接、チューブなどを挿入して洗浄をする場合があります。




犬の健康・病気の種類一覧