腸閉塞(ちょうへいそく)

      <症状>

  • 完全閉塞の場合では必ず嘔吐(おうと)が起こります。しかし、不完全閉塞の場合では起こらないこともある。

  • 胃腸管内のガスの発生により腹部が膨張し、閉塞部を中心として腹痛がみられ、食欲不振や、下痢も起こします。


  • <原因>

  • 腸の内容物は、腸の運動によって直腸へ送られるが、何らかの原因で腸管が一部、あるいは完全にふさがり、通過できなくなった状態をいう。

  • 腸管内異物、腫瘍、腸炎、腸重積、腸捻転、宿便や腸管の一部が機能的に麻痺することによって起こります。


  • <治療の方法>

  • X線検査により閉塞部付近に特有のガス像が認められます。

  • 閉塞部位を知る目的で造影剤を用いることもあります。

  • 外科手術で原因を取り除く必要があります。

  • 手術後は抗生物質の投与。

  • 脱水に対しては輸液を行います。




犬の健康・病気の種類一覧