胃拡張・胃捻転

      <症状>

  • 膨らんだ胃がよじれて捻転を起こす、中年の大型犬(特に胸の深いコリーやセッターなど)に多く見られる病気である。

  • 急激に胃が膨らむため腹部が膨満し、吐き気、元気が無くなる、虚脱等の症状が見られ、処置が遅れると、ショック状態に陥る可能性もある。


  • <原因>

  • 原因は不明であるが、犬の胃の運動性の問題、食餌の種類や回数、運動などが発生と関係あるといわれている。

  • この状態が続くと、各臓器や大血管が胃による圧迫を受けてうっ血し、血液循環が悪くなり、心臓にも影響を与え、死を招く危険があるので、動物病院での緊急の対処が必要である。


  • <治療の方法>

  • 胃が膨らんで血液循環が悪くなるため、ショックと胃壁の壊死が起こることによりこの病気は生命を脅かすものとなります。

  • まずショックに対する輸液と薬物治療が行われ、次に口から胃に向かってチューブを入れて胃の中の空気を出す。

  • チューブが入れられない場合には、外から胃に針を刺して空気を抜くこともあります。そして膨張がなくなった胃について詳細にレントゲン診断を行い、拡張だけなのか捻転をともなうのかを確認し、再発防止のために胃を固定する手術を行います。




犬の健康・病気の種類一覧