急性膵炎(すいえん)

      <症状>

  • ほとんどの犬が突然発症し、下痢、嘔吐、食欲不振になります。

  • 下痢は出血をともない、悪臭のある脂肪便を出すこともあります。

  • 横になれないほどの腹痛を起こす事もあります。

  • 重症例では、虚脱状態におちいり、体温が下がり、ショック死することもある緊急疾患です。


  • <原因>

  • 膵臓がつくる消化液である膵臓の働きが活発になり、膵臓自信が消化されて発生します。

  • 肥満した中年齢層の雌で高脂肪食を取っている犬に多く見られます。


  • <治療の方法>

  • 検査結果だけで診断が特定できない場合は、試験的に開腹手術をしなければならない。

  • ショック状態の場合は、直ちに輸血を中心とした集中治療を開始する。

  • ショック状態から開腹したら、内科的治療で維持します。

  • 軽症であれば膵臓の消化機能を急息させることによって治る場合もある。




犬の健康・病気の種類一覧