急性腸炎

      <症状>

  • 軟便、水様便に始まって、激しい下痢を起こします。

  • 重症になると血便になり、しぶりを現します。

  • 食欲不振となり吐いたりもします。


  • <原因>

  • 細菌(ブドウ球菌、レンサ球菌など)、ウィルス(ジステンパー、伝染性肝炎、パルボなど)、寄生虫、異物(骨や植物など)、毒性がある化学物質、食物アレルギーなどによります。


  • <治療の方法>

  • 異物が原因であれば、外科手術をしなければなりません。

  • 細菌感染であれば、抗生物質と止瀉(ししゃ)剤(下痢を抑制する薬剤)を投与します。

  • 下痢が続けば脱水になるので、水分補給として輸液も必要となります。


  • <家庭での対処>

  • 食事療法が第一です。

  • 一日絶食により、嘔吐や下痢をとめます。その後、ぬるま湯から与え、かゆ状のの流動食、徐々に普通食に戻していきます。

  • 牛乳や脂肪分の富んだものはしばらく与えないほうが良いでしょう。




犬の健康・病気の種類一覧