急性肝炎

  •  急性肝炎の中で最も多く見られるのは、中毒性肝炎と薬物性肝炎です。
    また、感染性肝炎、寄生虫肝炎もあります。


  •   <症状>

  • 食欲不振となり、臭い粘土質の便を排出します。

  • 肝臓の痛みや重症では黄疸や神経症状を現します。

  • 通常見られる神経症状は、筋肉の震え、痙攣(けいれん)、筋肉の減弱、知覚麻痺です。

  • 時には、肝性脳症で全身痙攣や昏睡(こんすい)がみられることがあります。


  • <原因>

  • 中毒性肝炎は、銅、ひ素、水銀、クロロホルムなどの化学物質が原因である。

  • 薬物性肝炎は、鎮痛剤、麻酔剤、利尿剤、ホルモン剤、ある種の抗生物質などの薬剤が原因である。

  • 感染性肝炎や寄生虫肝炎は、伝染性肝炎ウィルス、ヘルペスウィルス、結核菌、化膿菌、真菌、吸虫類、バベシア原虫などが肝臓に侵入して起こります。


  • <治療の方法>

  • 肝細胞の再生と、機能の回復を促進させることが治療の中心となります。

  • 静かな環境で十分休息させ、栄養に富んだ食事を与えます。

  • 抗生物質は必須である。

  • 肝細胞に栄養を供給するために、糖質、たんぱく質を与えます。

  • ビタミンも肝庇護剤(肝機能障害の改善を目的とした薬剤)も使用します。


  • <家庭での対処>

  • 原因となるようなものを食べさせない。

  • 伝染性肝炎は、ワクチンで予防できます。




犬の健康・病気の種類一覧