慢性肝炎

      <症状>

  • 初期の症状ははっきりしたものではなく、元気がない、食欲がない、慢性嘔吐、多飲多尿といったもので、進行すると黄疸、腹水、血液凝固障害、肝性脳症といった、明らかな肝不全の症状となる。

  • 原因不明の慢性肝炎は、若いときから起こるので(コッカスパニエルでは2歳くらいから、ドーベルマンでは4歳くらいから)、そのような犬種では早くから定期健康診断を行っておいた方がよいと言われている。


  • <原因>

  • 急性肝炎と同じように化学物質、薬剤、感染、寄生虫などが考えられます。

  • 家族性(遺伝性)の慢性肝炎が多いです。

  • ベドリントンテリアとウェストハイランドホワイトテリアでは、銅が肝臓にたまることで慢性の肝炎が高い確率で起こります。

  • ドーベルマンでは原因不明の慢性肝炎と肝硬変がみられ、さらにアメリカンおよびイングリッシュコッカースパニエルでも原因不明の慢性肝炎が散見される。


  • <治療の方法>

  • 肝細胞の再生と、機能の回復を促進させることが治療の中心となります。

  • 静かな環境で十分休息させ、栄養に富んだ食事を与えます。

  • 抗生物質は必須である。

  • 肝細胞に栄養を供給するために、糖質、たんぱく質を与えます。

  • ビタミンも肝庇護剤(肝機能障害の改善を目的とした薬剤)も使用します。

  • <家庭での対処>

  • 原因となるようなものを食べさせない。

  • 伝染性肝炎は、ワクチンで予防できます。




犬の健康・病気の種類一覧