門脈シャント

  • シャントとは、近道のことを言います。通常、腸管からたくさんの栄養素を含んだ血液を運ぶ血管(門脈)は、いったん肝臓に集まり、ここから後大静脈を経て心臓に入ります。肝臓は門脈に含まれるたくさんの成分を蓄積したり、分解したり、作り替えたりします。


  •   <症状>

  • この病気はその門脈が直接後大静脈には入り、本来体には流れてはいけない物質が、流れてしまう結果となってしまいます。それは、アンモニアと呼ばれる成分です。食事をすると大量のアンモニアが門脈より吸収されて本来なら肝臓に入り、毒性のない状態にしてから体中をめぐることになりますが、門脈シャントがある動物は直接アンモニアが体中を回ります。

  • 血中のアンモニアの増加は、脳に悪影響をあたえて、意識障害や痙攣や昏睡といった脳神経症状を起こします。


  • <原因>

  • この門脈シャントのある動物の特徴は、食事後に症状が現れることです。

  • 比較的、食事療法と投薬でうまくコントロールできる場合があります。

  • 通常は、生まれつきのケースがよく見られます。


  • <治療の方法>

  • 様々な検査で肝不全があることを証明します。

  • 若い犬ならばこの病気が非常に疑われるので、手術の準備をして血管の造影検査を行い、血管の異常の位置を確かめて手術で治します。

  • 微妙な血管の手術なので、手術の難しさや成功率もタイプにより様々です。

  • 手術後順調なものは、その後の生存率はきわめて高くなります。




犬の健康・病気の種類一覧