ブルセラ症による流産

      <症状>

  • リンパ節や脾臓(ひぞう)などのほかの臓器にも侵入し、妊娠中には胎盤をおかして流産を起こします。

  • 妊娠50日以降の妊娠後期に起こる死産、流産で、死産、流産後の数日から数週間にわたって緑褐色、ないし緑灰色のおりものが続きます。

  • このような犬は流産を繰り返したり、不妊に終わることが多く見られます。


  • <原因>

  • ブルセラ属のブルセラ・カニスという細菌の感染によって起こります。

  • 呼吸器、消化器、生殖器などの粘膜から感染します。


  • <治療の方法>

  • 効果的な治療方法は確立されていませんが、抗生物質の長期療法などが行われています。




犬の健康・病気の種類一覧