犬伝染性肝炎

      <症状>

  • 初期には鼻汁、発咳、流涙とともに元気食欲の喪失、さらに41度にも達する高熱が見られます。

  • 症状が進むと黄疸、腹痛、下痢、嘔吐、そして扁桃腺の肥大などがあらわれますが抵抗力の弱い仔犬ではこの時点で急死することもあります。

  • 成犬などで回復期に移行したものには、しばしば片目に角膜炎がおこり目が白く濁って見えるようになる(ブルーアイ)を呈することがありますが、自然回復することも多いようです。


  • <原因>

  • この病気は、犬アデノウイルスI型=CAV-I(以降このように記します)の感染によっておこる伝染病です。

  • 発症してしまった場合重篤な急性肝炎をおこし死に至ることもある恐ろしい病気です。

  • そして感染した犬の尿中には数カ月間にもわたりウイルスが排泄され続けるので大変感染力に富んでいます。


  • <治療の方法>

  • ウィルスを殺す有効な治療法はないため、対症療法・補助療法が一般的治療になります。

  • 7種混合ワクチンの中に組み込まれているアデノウィルス2型ワクチンで予防可能です。

  • とくに犬伝染性肝炎に対する免疫は効果的に働くので、このように他のウィルスを使っても良好な免疫ができる。




犬の健康・病気の種類一覧