イヌヘルペス感染症

      <症状>

  • 成犬の場合は軽い鼻炎程度の症状しか示しませんが、子犬の場合は食欲不振、黄緑色の軟便や下痢、呼吸困難、腹部を押さえると痛がるなどの症状が現れ、異常な鳴き声をあげて急死する場合があります。


  • <原因>

  • イヌヘルペスウィルスへの感染で起こります。

  • 感染経路ははっきりとはわかっていませんが、ウィルスの経口感染や、母親からの胎盤感染などによると考えられています。

  • 生後2週目以内の子犬に感染すると致命的ですが、それ以降だと無症状の場合が多い感染症です。


  • <治療の方法>

  • 輸液や抗生物質の投与を試みますが生後直後に高い死亡率を示すので実際上の治療は難しいです。




犬の健康・病気の種類一覧