犬ジステンパー

      <症状>

  • 高い熱・目やに・鼻水・クシャミが出て、元気・職意欲がなくなります。

  • 嘔吐や下痢をしたり、ふるえやケイレンなどの神経症状を起こす場合もあります。特に子犬では、死亡率の高い伝染病です 。

  • ハードパットと呼ばれる四肢の裏の肉球が石のように固くなるのも、ジステンパーの症状といえます。

  • ワクチンで予防できる病気ですので、幼犬時のワクチンと老犬になってからの、追加ワクチンを欠かさずに受ける事が大切です。


  • <原因>

  • ジステンバーウイルス(感染犬の分泌物)が、排泄物中に出るウイルスが 空気により伝播し感染する。

  • 特に冬期時、寒く乾燥した環境で伝染が強い。(-10℃で半年以上、4℃で7~8週、室温で7~8日、感染力を維持)

  • <治療の方法>

  • 抗生物質で細菌の二次感染を抑える対処療法を行います。

  • その他、神経症状に対しても対症療法が行われ、さらに栄養や水分の補給を行って、体力の回復を高める努力が行われます。




犬の健康・病気の種類一覧