犬の回虫症

      <症状>

  • 子犬の症状として、腹部の膨満、貧血、嘔吐、下痢を起こします。

  • 多数寄生していると腸閉塞やけいれん、麻痺などの神経症状が認められます。


  • <原因>

  • 経口感染した犬回虫卵は、腸内で子虫となり体内を移行し、最終的には腸に寄生するようになります。

  • 成犬ではあまり寄生がみられないのは、免疫ができていると言われているからです。

  • 犬回虫は子犬が母犬の胎内にいる時に胎盤感染しますので、新生子ですでに回虫が寄生していることも多いのです。

  • 犬小回虫卵は子虫になっても体内移行せず、腸内で成長しますので成犬でも寄生しています。


  • <治療の方法>

  • 駆虫薬を体重に合わせて処方し、飲ませます。

  • 投与は1回だけでなく、必ず投与してから2週間以降に再検査をおこないます。

  • 駆虫によって、症状は改善されますが、体力を回復させるために整腸剤などで対症療法をおこなうこともあります。




犬の健康・病気の種類一覧