犬のフィラリア症

  • 犬の心臓病のなかで古くから最も恐れられている病気。


  • <症状>

  • 初期には、物が詰まったような咳をしたり、呼吸が荒くなって運動を嫌がったり、あるいは血尿をして食欲がなくなったりする。

  • 重症ではお腹や胸の中に水がたまってきたり、血を吐いて死亡することもあります。

  • しかし幸いな事に、現在では予防法が確立され、それが広く行われるようになってきたので、犬糸状虫症は減少する方向に向かっている。それでも大都市周辺や地方ではこの病気はなくなっていない。

  • 最近では月に1回の錠剤で予防できるようになりました。

  • 生後1年以上であれば、検査を受けてから飲ませるのが原則です。


  • <原因>

  • 心臓(とくに右心室や肺動脈)あるいは心臓の近くの大静脈の中に約20センチの細い線虫が多い例では100匹以上も寄生し、これが血液の流れを阻害し、心臓の働きを著しく弱める。

  • フィラリアが厄介なのは、心臓に寄生するため駆虫しても虫の出口がなく、死んだ虫の皮膚だけは肺の血管詰まってしますことです。


  • <治療の方法>

  • 殺虫剤を投与します。

  • 成虫が心臓にいる場合の治療は、心臓や肺の侵されかたで治療も異なりますが、様々な薬物療法を行います。

  • 時には血管から長い鉗子を入れて成虫を引きずり出すことや手術を行うこともあります。




犬の健康・病気の種類一覧