犬十二指腸虫症

      <症状>

  • 食欲不振、腹痛などの症状に加え、消化器の出血が見られる場合がある。

  • 下痢が起こり、小腸からの出血では便がタール便となり、下部の出血では、血液のついた便が出る場合がある。

  • 吸血が進むと、貧血などを伴います。

  • 重症では、歯肉や結膜が白くなります。

  • この貧血や栄養障害により、きわめて重篤な症状(死亡)に陥る事もありますので、特に子犬には注意が必要と思われます。


  • <原因>

  • 文字通り鉤(かぎ)状のようなの歯で腸粘膜に食い込んで、吸血して成長する寄生虫です。

  • 沢山の種類があり、犬鉤虫以外では人間に感染する可能性のある物もいる。

  • 体長は2cm程度で、犬の腸内に寄生するが、経口感染による感染が主だが、経皮感染、そして、胎盤感染により侵入します。

  • 経口感染の場合は、糞便の中にあった卵がおよそ一日で孵化し、それが犬の体内に入り、腸内で成長する。

  • 特に経皮感染では、皮膚より侵入した子虫は胎内移行し、最後に腸へ達します。


  • <治療の方法>

  • 駆虫薬で十分治療が可能です。

  • 環境の清掃も重要になってきます。

  • とにかく、早期治療が重要となります。




犬の健康・病気の種類一覧