ハインツ小体性溶血性貧血

  • 「玉ネギは刺激が強いので与えない方がよい」ということは、いうまでもないが、どうしてなのでしょうか。
    それは貧血が起きるからです。犬や猫に玉ネギを与えた場合は貧血程度で済みますが、ジリス・ハタリス等の超小動物にとって玉ネギは厳禁です。


  • <症状>

  • 玉ネギを摂取すると、ヘモグロビンは酸化し、形が変わる。通常、球体であるヘモグロビンはギザギザした刺のある形に変化し(ハインツ小体)、血管内で赤血球等の邪魔をすることになる。

  • 赤血球が、ハインツ小体に引っ掛かると溶血し、貧血が起こる。


  • <原因>

  • ハインツ小体は「玉ネギ」の他に「風邪薬(アセトアミノフェンを含むもの)」や「ニラ」、「ニンニク」等でも生成される。

  • 犬・猫の場合、「ニラ」、「ニンニク」では小さいハインツ小体しかできないので、溶血しないと言われるが、ジリス・ハタリスの場合は与えない方がいい。


  • <治療の方法>

  • 一般的には原因となっている病気を治療します。

  • 貧血が激しい場合には輸血も行われることがあります。

  • 薬物中毒の場合には,別の薬物を投与して治療を行うこともある。




犬の健康・病気の種類一覧