免疫介在性溶血性貧血

      <症状>

  • 2~8歳の犬に多く、雌では雄の3~4倍の発生率となっています。

  • 初期症状は、寒がる、食欲不振、落ちつきがない、運動時疲れる、脱力などであまり特徴的ではないが、歯茎が白っぽい、白い犬で皮膚のピンク色がなくなるなど、重大な貧血を表症状がみられる。

  • まれに、赤色尿や黄疸もみられる。また消化器症状(嘔吐、下痢)がみられることもあります。

  • 一部は免疫介在性の血小板減少症と一緒に発生するため、粘膜や皮下の点状出血を示すこともあります。


  • <原因>

  • 赤血球表面に、免疫抗体が結合して、赤血球が破壊されるために起こる貧血のことである。

  • 自己の赤血球そのものに、免疫反応が向けられた場合(自己免疫性溶血性貧血)と、赤血球に付着している何らかの物質(たとえば薬物など)に対して、免疫反応が起こっている場合があります。

  • 赤血球の表面に抗体という免疫物質が結合することになる。そのような赤血球は脾臓や肝臓で破壊されたり、あるいは血管の中を流れながら破壊され、その結果貧血となります。


  • <治療の方法>

  • 感染、抗生物質投与、腫瘍などによって引き起こされるものと、原因不明で起こるものがあり、原因不明のものがおそらく真の自己免疫性と考えられます。

  • 原因があれば治療を行いますが、同時に免疫抑制剤を使った治療を行う、すぐに改善傾向がみられない場合は複数の薬を使ったり、輸血を行うこともあります。




犬の健康・病気の種類一覧