尿崩症(多飲多渇・多尿症候群)

      <症状>

  • 異常な量の尿を排泄します。

  • 水を自由に飲ませると、胃拡張になって、嘔吐などの症状もみられます。


  • <原因>

  • 下垂体後葉からの抗利尿ホルモンの分泌に異常のある場合。

  • 腎性尿崩症といって、腎臓の尿細管からの水分の吸収が十分に行われない場合。

  • 多飲多尿は他の病気にもみられるので診断は慎重にしなければなりません。


  • <治療の方法>

  • 尿崩症と診断されたら、まず原因になっている病気(腎臓、副腎、泌尿器などの病気)を治療します。

  • 水を飲みすぎるからといって水を与えないと、脱水症状になることもあり、危険です。犬が飲みたい時にはいつでも水を飲めるようにしましょう。




犬の健康・病気の種類一覧