骨腫瘍

      <症状>

  • 足をひきずるなど、歩行に異常が現れたり、足の腫れがみられます。 外傷やねんざがないのに足をひきずっている場合は、この病気を疑ったほうがよいでしょう。

  • 骨の腫瘍は、骨腫を除くと悪性であることが多いため、早期発見が重要です。ふつう腫瘍は、中高齢の犬に多く発生しますが、骨の腫瘍は例外で、2歳前後の若い犬、特に大型犬の前足によくみられます。


  • <治療の方法>

  • 早期の治療が必要で患部の外科的除去、ときには足の切断がもっとも有効な治療になります。

  • 飼い主は犬の命を優先し予後の経過を保護します。

  • 再発、転移を防ぐために化学療法を併用します。




犬の健康・病気の種類一覧