基底細胞癌

  • 発生する細胞の種類により、扁平上皮癌、基底細胞癌、線癌(皮脂線、汗腺、耳道線の癌)、肥満細胞腫、悪性黒色腫、腺繊肉腫などに分けられます。


  • <症状>

  • 皮膚の表皮の一番基底部にある細胞の腫瘍。

  • 悪性度が低く、他の組織に転移することは殆どありませんが、放っておくとその場所で徐々に深く浸潤していきます。


  • <治療の方法>

  • 腫瘍全体を周囲の正常組織とともに切除します。

  • その結果、腫瘍ががん性の場合でも、それ以上手術を行う必要がありません。

  • 腫瘍を完全に切除することが困難な場合には、バイオプシーを行います。


  • <早期発見方法>

  • 体表に発生するため、比較的発見しやすいので、皮膚や乳腺、肛門などの様子を観察して、少しでも異常が認められたらすぐにかかりつけの獣医に診察してもらいましょう。




犬の健康・病気の種類一覧