犬の保定のしかた

    犬がけがをした時には、痛みやショックのために暴れたり、嫌がったりして、応急処置をさせてくれません。

    ここでは、家庭でも出来る比較的簡単な「犬の保定」のしかたを紹介します。

  • できれば2人で、やさしく言葉をかけながら、注意して近づきます。

  • かまれないようにしてください。

  • 紐やタオルで、犬に口輪をしても良いです。

  • 犬の首を片方の腕で抱え、もう一方の腕で腰から腹に回し、犬の体を引き寄せる。

  • 犬を座らせた状態で、上と同様にして保定する。




犬の健康・病気の種類一覧