犬の止血法

    部位や出血の度合いで方法を選ぶ必要があります。

      <症状>

  • ひどい出血の場合、出血している場所等で止血法を選んで実行してください。


  • <応急処置>

  • 傷の具合によっては、「犬の定保」が必要となります。

  • 患部を圧迫する方法と患部の周囲の心臓に近い部分をしばってとめる方法とがあります。

  • 患部を圧迫する方法は、患部に包帯を巻けないような場所の時です。

  • 患部の周囲の心臓に近い部分をしばってとめる方法は、長くそのままにしておくと血液の循環が悪くなり、組織を壊してしまう恐れがあるので、注意が必要である。




犬の健康・病気の種類一覧