犬の膀胱結石

      <症状>

  • 結石の存在する部位によってさまざまですが、結石の物理的な刺激によって痛みを訴えます。

  • とくに尿管結石や尿道結石ではいたみが強くあらわれることが多く、犬は背中を丸めて腹部を緊張させ、さわったり抱き上げられるのを嫌がります。


  • <原因>

  • 食餌や飲み水などから摂取されたカルシウム・マグネシウム・リン・などのミネラルが成分となって尿中のたんぱく質と結合して作られます。


  • <治療の方法>

  • 食事中のナトリウムとプリン(窒素含有複合体)を制限することです。

  • 獣医師はこの目的のために、処方食を推奨します。

  • 結石は手術によって取り出します。

  • しかし、結石が小さかったり、うすかったり、溶かしやすいと考えられるときや、全身の状態があまりよくない時は内科療法がとられます。

  • 細菌に感染している場合には、抗生物質を与えます。




犬の健康・病気の種類一覧