犬の膀胱炎

      <症状>

  • 濁った濃い色の尿、少量頻回排尿、血尿、悪臭尿、排尿時の痛み、血尿は排尿の終わり頃重症、白っぽく濁った尿もあり、残尿感、飲水量増加特に残尿感は、動物にとっては不快であり、あたかも飼い主は尿がでていないものと勘違いをすることもある。


  • <原因>

  • 通常、尿の流れは逆の方向に細菌が進入し、膀胱で炎症を起こすものをいう。

  • 希ではあるが、腎臓の感染、直接血液からの感染、前立腺の炎症が原因となる場合もある。

  • 膀胱結石は、慢性膀胱炎の原因となる。また、解剖学的特徴から、雄よりも雌の方が、膀胱炎を起こしやすいといわれている。

  • 通常犬の膀胱炎は、細菌感染によっておこるが、猫ではウイルスやその他によるものもある。
  • 膀胱炎の原因は、感染による一次性のものと,尿石や腫瘍などの形態的変状による二次性のものとに分けられる。


  • <治療の方法>

  • 最低2週間は抗生物質を投与します。

  • 尿検査結果が正常になったことを確認してから、抗生物質の治療を終了します。

  • しかし、抗生物質の治療を終えたあとすぐに膀胱炎を再発する犬は、一膀胱に結晶か結石のある可能性があります。

  • もちろん大きなものが障害の原因になっているのなら、手術で取り除く場合もあります。




犬の健康・病気の種類一覧