犬の前立腺肥大

      <症状>

  • 前立腺が腫脹すると、直腸を押し上げて圧迫し、その結果、犬は細い便を排泄します。
    白旗な前立腺の肥大は尿道を狭窄し、排尿困難や尿リン滴の原因になるといわれていますが、一般的には尿路系機能に影響しません。
    これらの症状は、前立腺に悪性腫疫があって、前立腺が肥大する場合にも発現します。


  • <原因>

  • 前立腺は、加齢とともに自然に肥大し、6~10歳齢のあいだに、その大きさは最大になります。


  • <治療の方法>

  • 肥大が軽く、無症状または症状が軽いうちは、内服薬やホルモン剤を体内に埋め込む方法があります。

  • 肥大が進んでいる場合は、前立腺の除去手術をすることがあります。

  • 若いうちに去勢手術をしておけば、前立腺の肥大は起こりません。




犬の健康・病気の種類一覧