肛門嚢炎(こうもんのうえん)

  • 肛門嚢は、肛門の両側4時と8時の場所にある小さな袋状の嚢です。
    匂いのある液状から泥状の分泌物が作られて、ウンチをする際や、興奮した時に固有の匂いをつける機能を持っています。


  • <症状>

  • 細菌の感染によって化膿したり、膿瘍となり、破裂して膿や血液を排出します。

  • 肛門周囲を舐めたり噛んだり、肛門を地面や床に擦り付けて歩く独特の動作をしたり、自分の尾を追いかけてグルグル回る動作をしたりします。

  • 重症になってくると、肛門嚢が腫張し、疼痛のため肛門付近を触らせません。

  • さらに進行すると、肛門嚢の部分の皮膚が破れて穴が開き、膿の排出、出血が見られます。


  • <原因>

  • 分泌物は通常、排便時の圧力によって押し出されますが、異常に濃くなって排泄されない時に炎症が起こります。

  • 肛門括約筋などの筋肉の緊張力が低下しやすい、小型犬や肥満犬でもよく見られます。

  • 犬では肛門周囲の疾患の中で最も発生頻度が高く、年齢や性別による差はありませんが、特にミニチュア・プードル、トイ・プードル、チワワなどの小型犬に多いとされています。


  • <治療の方法>

  • 予防としては定期的に肛門嚢をしぼるのがよいです。病院で身体検査の際に獣医師がしぼる方法を習えば家庭でも行えます。

  • 肛門嚢を外部から指で押して、たまっている分泌物を排泄させます。

  • 化膿している場合は、抗生物質の局所投与と全身投与を行います。

  • 慢性化して再発を繰り返す場合は、肛門嚢の摘出手術が必要となります。




犬の健康・病気の種類一覧