子宮蓄膿症

      <症状>

  • 正常な発情発現後1~2カ月して、元気の消失、食欲減少、嘔吐、多飲多尿、腹囲膨満などが見られ、外陰部が発情期のように膨張して血様または膿様のおりものが見られます。

  • 症状の進行とともに、腹部の膨大が目に付くようになります。


  • <原因>

  • 5~7歳齢異常の高齢で未経産の犬に多く発症しますが、5歳齢以下でも発病するものがあります。

  • 排卵後に卵巣にできた黄体からの黄体ホルモンの分泌が長期にわたるため、子宮内膜に嚢胞性増殖を起こさせ、細菌感染に対する抵抗力が弱まり、細菌が増殖して起こります。

  • 細菌は発情期に子宮内に侵入し、黄体期に増殖すると言われています。


  • <治療の方法>

  • 子宮と卵巣の摘出手術を行うことが一般的です。

  • 妊娠出産を希望する場合は炎症を抑えるための抗炎症剤や抗生物質、ホルモン剤などの投与を行いますが、再発することが多いため、外科手術が原則です。



犬の健康・病気の種類一覧