腎不全

      <症状>

  • 犬の慢性腎不全は、主に高齢期以降の犬にみられ、徐々に腎臓の働きが悪くなってしまう病気。

  • 慢性腎不全は、進行性の病気のため治癒は期待できないが、これらの治療を組み合わせることにより、できるだけ症状の進行を遅らさせてQOL(生活の質)の向上を計ることを目的に治療を行なっているのが現状。


  • <治療の方法>

  • 現在、腎不全の治療は、病気のステージによって食事療法、老廃物吸着薬の内服、点滴療法、その他の治療法などを組み合わせて行なう対症療法が主流となっている。


  • ◎急性腎不全の場合

  • おもな治療は尿の量をふやすこと、余分な窒素化合物を体内からとりのぞくこと、またたんぱく質以外の栄養を与えることです。


  • ◎慢性腎不全の場合

  • 輸液や薬などで尿の量を増やします。

  • 食事療法が中心になりますが、十分な水も必要とします。

  • 液体はときどき経静脈的に、または場合によっては経皮的(皮下)に投与します。




犬の健康・病気の種類一覧