乳腺炎

      <症状>

  • 乳腺が熱を帯び、しこりができます。さわると痛がることもあります。

  • 全身が発熱したり、黄色い乳汁が分泌されることもあり、痛みのためイライラしたり、食欲が低下したりという症状がみられます。


  • <原因>

  • 出産後、子犬に授乳している時に起こる病気で、細菌感染や、乳汁の分泌が多過ぎる時に起こります。


  • <治療の方法>

  • 急性乳腺炎は、鎮痛薬と抗生物質によって治療し、毎日15分間温湿布をします。

  • 子犬には感染した乳頭から授乳させないようにします。

  • においがしたり昧が良くないため、子犬は飲みたがりません。

  • 乳腺炎のために雌犬の状態が悪化するため、普通は抗生物質が効果をあらわすまで、子犬を母犬から離し、人工哺乳で育てます。

  • たびたび乳腺炎になる場合は、避妊手術によって再発を抑えることができます。




犬の健康・病気の種類一覧