精巣の腫瘍

      <症状>

  • 精巣(睾丸)の腫瘍は、犬では人間よりも発生率が高く多くみられます。

  • 腫瘍細胞の増殖によって精巣がふくれあがることもあります。


  • <原因>

  • 7歳齢以上の老齢犬に発生するセントリー細胞腫という良性腫が多く、精巣(睾丸)が本来の場所になく腹腔内に存在している場合などに多く見られる。


  • <治療の方法>

  • 間細胞腫は雄のホルモンを生産する細胞の腫瘍ですが、通常良性であり、去勢で治癒します。




犬の健康・病気の種類一覧