皮膚糸状菌症

    <症状>

  • かさかさしたフケが出たり、円 く毛が抜けたり、膿疱や水疱が広がるなどの症状が出ます。

  • 特に10歳以下の子供等に感染することもある。


  • <原因>

  • 犬小胞子菌などのカビが毛や爪、皮膚に感染したもの。


  • <治療の方法>

  • 抗真菌剤の内服と外用を行います。

  • 可能であれば、病変部の毛を刈って、抗真菌作用のあるシャンプーで洗います。

  • 再発予防のために、周囲の環境の掃除、消毒を行うのが理想的です。

  • 人畜共通感染症のため、飼い主にうつる場合もあるので注意が必要です。




犬の健康・病気の種類一覧