犬の脱毛症

      <症状>

  • 脱毛はあらゆる皮膚病に共通している症状だが、原因により脱毛の場所や症状が違ます。

  • からだのどの部分が脱毛しているかチェックすること。


  • <原因>

  • 目安であるが、以下に挙げられる。

  • 背中の脱毛・・・最も多い脱毛で、ノミアレルギーによる湿疹で毛が抜ける。

  • 左右対称の脱毛・・・からだの側面か左右対称に毛が抜けるのは、ホルモン性皮膚炎。

  • 全身の脱毛・・・からだのあちこちが脱毛するのは、真菌性(カビ )などが原因になる皮膚病。


  • <治療の方法>

  • 脱毛のほかに、「皮膚が黒ずんでくる」「乳房が大きくなる」「外陰部が肥大する」などの症状も見られます。

  • これらの症状はホルモン・バランスの異常によって引き起こされるのですから、避妊手術によって治すことができます。

  • 早めの適切な治療が必要とされる。




犬の健康・病気の種類一覧