ノミアレルギー

      <症状>

  • ノミアレルギーは、治療したとしても、ノミの卵は環境中に産み落とされてから最高1年間位たってから孵化するものもいるので、要注意。

  • ノミの生活環の大半は、犬から離れたところで起こる。犬が生活している環境がノミで汚染されている可能性もある。

  • ノミに咬まれるのが、ごくまれであってもアレルギー反応を誘発させる可能性も。

  • 犬のノミアレルギーの主な症状は、異常に毛が抜け、ひどく引っ掻いたり咬んだりする。

  • ただれが一番多く見られるのは、尾の付け根、背中の後半部、腹部。


  • <環境>

  • ノミによるアレルギーが一番問題となるのは、冬は寒く、夏は暑い地方の夏から秋にかけての季節。

  • 温暖な気候の土地や、ノミが発生している家で暖房を使っている場合には、ノミによるアレルギーは季節を問わず、1年中起こる可能性がある。


  • <原因>

  • ノミアレルギーは、ノミの唾液に含まれている成分に対して、犬が過敏に反応する(アレルギー)ために起こる病気。

  • アレルギーの犬の場合、1匹のノミに咬まれただけでもひどい症状を呈することがある。

  • 咬まれた箇所を犬が自分で咬んだり、なめたり、引っかいたりすることによって、広い範囲の皮膚に損傷が生じることがある。


  • <治療の方法>

  • 治療としてはノミを駆除し、再寄生を予防します。

  • いっしょに周囲の環境も整えます。

  • 皮膚に垂らすタイプなどが代表的です。

  • ノミはイヌ条虫という寄生虫を運ぶ役目も行うので、ノミの駆除は大切です。




犬の健康・病気の種類一覧